TOP会社案内 >所長あいさつ

所長あいさつ

所長  私は、「一期一会」、師との出会いを大切にし、”我以外すべてこれ師”と考え、生きてきました。
 今までの人生、色々な方と多くの出会いをいただきました。その折々に教えられ、気付きをいただき、励まされ、導かれて今ここに生きているのです。
 今までに私は「先生」と呼ばせていただく方、お2人にお会いしました。㈱TKCの創業者・飯塚毅先生と一般社団法人倫理研究所の創始者・丸山敏雄先生です。
 飯塚毅先生とは、昭和48年の夏、名古屋でお会いしました。講演で「自利利他の理念に徹し、お客様企業への徹底奉仕を通じ、日本会計人の職域防衛と運命打開に挺身するのだ」と体全体で熱く語られ、深い感銘を受けました。  
  私は昭和49年3月に開業し、翌年TKCに入会しました。それ以来、会計事務所の行うべき仕事は次の4つであると考え、歩んでまいりました。

1.人も機械も帳簿も全て会社にあります。翌月監査率100%を目指し、巡回監査を実施し、月次決算を行い、年13回の決算を組もう。→[月次巡回監査]
2.TKCでは前年同期比較(趨勢比較)のみでなく、同業他社との比較(標準比較)が出来るのです。→
[経営分析数値の比較]
3.金融機関に決算書の信頼性をアピールできるのが書面添付です。税務署へ提出する申告書は99.99%の是認をもらう。→
[書面添付]
4.これからは、キャッシュフローに重点を置いた、5年の中期経営計画から単年度に落とし込んだ、実現可能な抜本的対策のある経営計画・予算を組もう。→
[予算と実績との差異分析]

我々の業務はお客様企業の伴走者と心得ています。  
これからも4つの業務の、お客様企業への提供に全力を尽くしていきます。

所長略歴

昭和47年7月14日 浜松市中区北寺島町に生れる
平成7年3月     名古屋学院大学商学部商学科卒業
平成10年3月     名古屋学院大学大学院経済経営研究科経営政策専攻卒業
平成16年3月     名古屋学院大学大学院経済経営研究科経済学専攻卒業
平成16年4月~18年11月迄   原田道子税理士事務所勤務
平成16年12月    中村利明税理士事務所勤務
平成22年6月     所属税理士登録 登録番号116394
平成29年12月     先代税理士中村利明逝去により開業税理士となる
平成30年4月      行政書士登録

所属団体・資格など

◆東海税理士会浜松西支部
◆TKC静岡会所属 
◆静岡行政書士会浜松西遠支部所属 
◆浜松市倫理法人会所属

問い合わせ