TOPChallenge7>経営計画の立案指導

経営計画の立案指導

経営計画は、立てれば良い、というものではありません。
私たちが計画の立案を通して経営者に与えたいものは
「気づき」「やる気」です。
例えば、赤字だという事実を頭でわかっていても、
行動を起こさなければ事態は改善されません。
まずは危機を体で感じ、心の底から
「このままではいけない」と認識することが重要です。
その危機を脱するためにどうしたら良いか計画を立て、
それを実行に移し、目標達成に向け一緒に突き進んでいきましょう。

社長の夢を実現する《PDCAサイクル》

経営計画とは《社長の夢》に日付と金額を入れたものです。
計画を立て(PLAN)、
実行する(DO)。
実行したら結果を検証(CHECK)し、
対策を講じる(ACTION)。
このサイクルをまわすことで会社は黒字化し、社長の夢に近づいていきます。
計画立案(5ヵ年及び単年度)から業績管理体制の定着まで
私達が支援します。

5ヵ年計画の立案をお勧めします

目標達成のためには、企業の進むべき方向性を明確にし、「今、何をなすべきか」を明らかにすることが必要です。
しかし実際の運用面においては、「単年度予算」だけでは限界があります。例えば赤字に苦しんでいる企業の場合、1年後に黒字にするのは至難の業です。
そこで「5ヵ年経営計画」を立てれば、たとえ来年が赤字であっても、「数年後には黒字になる」という希望が持つことができます。中小企業でも「5ヵ年経営計画」を策定し、そこから「単年度予算」を落とし込むことで予算化することが望ましいと考えます。この「5ヵ年経営計画」および「単年度予算」の策定を、会計と連動した専用のシステムを使って全力でサポートします。

継続MASシステム

継続MASシステムとは、会社の経営計画書を作成するシステムですが、それだけではありません。
経営の問題点をスピーディーに発見することができ、迅速に対応できます。 利益計画だけでなく、その結果としての貸借対照表がどうなるか、その間のキャッシュフローは確保されるかまで、瞬時に計算できます。 >>詳しく見る

細かいところまで数値化された経営計画のおかげで
「この数字通りにやっていれば安心」と業務に集中できます。

その年だけではなく5年後まで見据えて考えてくれるのも安心感の一つです。
こうやって数字を意識して経営していると、100%ではありませんが
不思議と計画通りに経営ができているんです。

今後はコンサルタント的な指導も期待します。

>> 導入実例を詳しく見る